合格率と難易度

さて、目標を「行政書士の国家試験合格」に定めたものの 必死にがんばっても
自分には無理なんじゃないか…。
と不安がよぎるのはあたりまえのことです。
参考までに最近10年間の合格率を羅列してみますね。
年度 合格率
平成18年 4.79%
平成19年 8.64%
平成20年 6.47%
平成21年 9.05%
平成22年 6.60%
平成23年 8.05%
平成24年 9.19%
平成25年 10.10%
平成26年 8.27%
平成27年 13.10%
…と、ざっとこんな感じで、かなりバラツキがあります。
ちなみに平成27年の出願者数は56,965人でした。
ただ、実際に受験する人数は、その年にもよりますが約10,000人以上は 減るようです。
合格者数もここ10年の人数で見ると 多い年で5,000人以上、少ない年は2,000人弱です。

この差はいったい何なのでしょう?
データを見ると受験者数が多いから合格者数が多いとはかぎらないし 受験者が少ないからといって合格率が上がるわけでもないんです。

つまりは、受験者数が少なくてもしっかり勉強してきた人の割合が多かった 年は合格率も上がるし、受験者数が多くても真剣かつ効率的に対策をしてきた人の割合が少ない年は合格率が下がるんじゃないでしょうか。

つまりは、どんな人が何人受けに来るかではなくて 自分がどれだけ勉強してきたかにつきるのだと思います。どんなに頭が良くて優秀な人たちがたくさん試験を受けに来ていたとしても 恐れることはないんです。

自分が的確な勉強を一定量以上こなしていなければ合格への道は 拓けてくる。


だからこそ、どういうテキストでどのように学習していくかが 最も大事なんじゃないでしょうか。こんな私が一発合格できたのは、フォーサイトの通信教育のテキストを 使った勉強法が正しかったんだと今更ながら感謝しています。


→効率的な勉強法へ
リンク集