行政書士の平均年収

覚悟を決めて国家資格にチャレンジする以上、 やはり気になるのが年収ですよね。

行政書士の平均年収は約620万円と言われています。
でも、この平均年収って言うのはあまり意味のない数字なんです。
つまりこの仕事をすれば誰もが年収620万円になる!とはいかないのです。

例えば10人分の年収として単純計算してみると合計で6,200万円です。
でも、この中の1人は年収が1,800万円、もう一人は2,100万あるとします。
すると残りの8人は平均で約288万円…。
もちろん年収が低めの方の中には、パート感覚でお仕事をされている ママさん行政書士の方も含まれています。
されど、行政書士の年収には格差のあるケースが多いのも実情です。

では、その差はいったい何なのか??

第一のポイントは

独立開業していること

につきます。
会社勤務の雇われ行政書士は、いくら国家資格を持っていてもサラリーマンと同じです。
もちろん資格保持を条件に採用が決まったり、昇給したりという 会社であれば、
それはそれで素晴らしいことだと思います。

でも、現状よりも収入を大きく増やしたい!定年を過ぎても働き続けたい!
と願うのであれば、自宅開業でも協同事務所でもかまわないので
とにかく自分の名前で仕事を始めることがポイントです。

そして第二のポイントは

自分にできる専門分野を増やすこと

前のページでも書きましたが、 行政書士が関与する手続きや書類作成の種類は
膨大にあります。

つまり、やる気さえあれば仕事のネタはたくさんあるのです。
その中のどの分野にフォーカスして仕事を得ていくかは まさしく自分次第!
もちろん社会人としての基本的なビジネスマナーを心得ていることは
言うまでもありません。 それに加えてコミュニケーション力もあれば、
チャンスはいくらでも拡がって行くはずです。


→独学?通学?通信講座?ヘ
リンク集